妊活費用ってどれくらい?妊活にかかるお金

妊活費用ってどれくらい?妊活にかかるお金STEP1初診費用

妊活費用ってどれくらいかかると思いますか?
普通に自己流で行うなら、サプリ代や排卵検査薬代程度ですが
やはりしっかりとやるなら不妊治療を受けたりと通院も必要になってきます

 

治療が高度になるほど、妊活費用は高くなりますので
費用についてもある程度、理解しておくほうがいいでしょう

 

以下は、妊活の為に病院に通った場合の金額です

STEP1

不妊の原因を探るファーストステップ
初診検査

 

初診時には、問診・内診のほかに
クラミジア検査や経膣超音波検査などが行われます

 

一般的には、保険が適用されますが
保険適用外の自費検査もあるので確認しましょう

 

初診時

約5000円(保険適用)
クラミジア検査や経膣超音波検査、子宮がん検診など

 

月経3〜5日

ホルモン測定約4000円(保険適用)
LH(黄体ホルモン)、FSH(卵巣刺激ホルモン)、PRL(催乳ホルモン)など

 

月経7〜10日

子宮卵管造影約8000円(保険適用)
保険適用料金のほかに卵管造影用チューブや超音波料金が含まれます

 

月経12〜16日排卵日の頃

経膣超音波検査約1600円(保険適用)
自治体によってはつきに1回保険で2回目以降は自費になるところもあります
フーナーテスト約600円(保険適用)
男性が行う不妊検査、精液の量や精子の数、運動率などを確認します

 

月経20日排卵後

黄体ホルモン測定約1000円(保険適用)
排卵後の卵胞に形成される黄体から分泌される黄体ホルモンを調べます

 

月経の時期に関係なく行うもの

初回感染スクリーニング検査約1万円(保険適用外)
B型肝炎、C型肝炎、梅毒などの検査

 

精液検査約1500円(保険適用)
フーナーテストと同様のテスト

 

抗ミュラー管ホルモン検査(AMH)約8000円(保険適用外)
卵巣年齢を調べる血液検査、AMHの数値が低いと卵巣予備能が低いとされます

 

ステップアップしてタイミング法に進んだ場合の費用は次のページです

妊活費用ってどれくらい?妊活にかかるお金STEP2タイミング法


妊活費用ってどれくらい?妊活にかかるお金STEP2タイミング法

妊活費用ってどれくらい?妊活にかかるお金STEP1初診費用

前の記事で不妊治療ステップ1として妊活初診費用について書きました
今回は、妊活タイミング法費用ってどれくらい?

 

タイミング法(排卵日を予測してセックス)は、大きくわけて2パターンあります

基礎体温表をつけて、自分で行う

医師の指導を受ける

 

以下は、タイミング法を自分で行う場合

自己流のタイミング法

自分で排卵日を予測するには、婦人体温計で基礎体温をはかり、基礎体温表をつけたものを活用する方法と
排卵検査薬を使う方法があります。

 

費用としては、婦人体温計と基礎体温表で大体3000円位です
楽天でランキングを確認してみました
妊活費用ってどれくらい?妊活にかかるお金STEP1初診費用
現在の1番人気の商品は、ウーマンドシー WOMAN℃ テルモ婦人体温計 ET-W525ZZ(基礎体温計/婦人用電子体温計) で3880円
オムロン 婦人体温計 ピンク MC-642L-PK2,979円
オムロン 婦人体温計(MC-652LC-PK)(約10秒予測検温)(口中専用)3,380円

 

ここらへんの商品が人気があるみたいです。
また、基礎体温表に関しては、スマホアプリなども出ていますのでそちらを活用してみてもいいかもしれません

 

排卵検査薬も市販されている商品があります
プチアイビスやレディーキューが人気ですが排卵日を確認するために、排卵日付近で何回も使う
もっと正確に確認するなら1日の中で何度か確認するというやり方を行う事もありますので

 

海外製の安い排卵日チェッカーを購入する人も増えています。

 

医師の指導のタイミング法

医師の指導の場合には、通院が必要になります
まずは、卵巣の様子や卵胞の育ち具合をチェックして排卵に問題が無いか確認してもらいます
排卵しにくいと判断された場合には、この時点で薬を処方されることもあります

 

次に排卵日を予測するために、排卵日の直前にもう一度受信します
超音波検査で卵胞の大きさや排卵日前に増える黄体ホルモンを調べて
医師からセックスする日を指導されます。

 

排卵日ごろにセックスするのがいいのですが、詳しい時期に関しては
別の記事でまとめています(一番妊娠しやすい時期

 

結果だけいうと、排卵日前からセックスを行うのが一番効果的です。

 

医師からの指導の場合の費用に関しては
卵胞の大きさや黄体ホルモンを調べる超音波検査の費用
ここで、月経周期が不規則な人や排卵しにくい人などは超音波検査の回数が増えてしまいます
月経周期を整える為に、漢方や妊活成分を妊活サプリで摂る人が多いのです。
排卵障害と診断された場合には、排卵誘発剤の利用なども必要となります

 

自治体によって、保険適用範囲や補助がありますので確認してみましょう

 

治療以外にかかるお金

タイミング法に入ってくると、妊娠しやすい体、妊娠しにくい体というのが徐々にわかってきます
自己流のタイミング法で3ヶ月妊娠しなかった場合には、医師に相談するのがおすすめです

 

また、妊娠しやすい体つくりの為に、マカやたんぽぽ、ルイボスなどの栄養を積極的にとりましょう
不妊改善の漢方薬や妊活サプリなどもありますので、それらの利用も検討してもいいかもしれません

 

漢方は、漢方薬局だと保険が利かないので平均すると月に1万円以上の出費となってしまっている人が多いのが現実です
サプリメントであれば、種類も価格も幅広くあります
当サイトで紹介している妊活サプリでも3000円程度から2万円以上と幅広い価格となっています
あなたに必要なものを是非、見つけてください

 

一般的には、不妊治療中に漢方を利用している人は全体の3割でサプリメントは7割の人が利用していると言うアンケート結果が出ています

 

また、それ以外にも整体や鍼灸治療などを行う人もいます
当サイトで紹介しているkodakaraと言うサプリは
1か月分で2万円以上する商品ですが、愛媛の不妊治療の専門医院が実際に鍼灸治療に通っている方の声を元に
開発した商品のようです。
kodakaraには、2980円で試せるトライアル商品もあるのですが、トライアル商品でも不妊治療の専門医院が監修した
不妊体質改善チェックシートと言うのがおまけで貰えるのでトライアルセットだけでも試しに購入してみるのもありだと思います