卵子の年齢と不妊のコネクションとその考え違い

卵子の年齢と不妊のコネクションとその考え違い

卵子は生まれた内が何百万個と特別総量が数多く、歳を重ねるごとにその数は減少し、その後初々しい卵子が出ることはありません。30代中位頃になると、2~3万個にまで減少してしまうと言われています。これは滞り、卵子の年齢によるものなのです。

 

では、卵子の年齢が始まると、これからおめでた行える率はないのか?と問われれば、そうではありません。ここに大きな取り違えがあります。30代初期でも以下でも40勘定でもお産やる輩はいらっしゃる。35年を超えたからといって、急激に卵子の年齢が始まるわけではないからだ。

 

ただ、おめでた%が低くなっていくということです。ますます売り買いムードだった30~40代の奥様で、結婚すれば娘は直ちにやれると思っている輩がいらっしゃる。しかし現況では、避妊やるわけでなくても、思うようにはおめでたできないのです。ですから、一般的に「2ご時世妊活をしてもおめでたできなかったら不妊治療を」と言われている期間を、30代なら半年くらい、40勘定なら二度と早くに設定して、不妊治療のドアを開けることも、対策の一つになるのではないでしょうか。

 

さて、急激に卵子の年齢が始まるわけではないと前述しましたが、おめでたしにくく上る大体の目安ってあるのでしょうか?それについては、20代以下でもおめでた%が低下したという発表もありますし、45年でもお産したという相談も聞きますので、きっちり誰にでも当たるわけではありませんが、37~38年頃に身体の変移があるようです。さらに42~43年頃になると、思うようにおめでたできないのを実感するようになるかもしれません。ですから、仮にカラダに変更を感じたら、お先生さんの来院を仰ぐため目論みになるかもしれませんね。

 

さて、パパの場合はどうでしょうか。卵子と異なり、精子は常々1億個もの真新しい精子を創り積み重ねる結果、終始ういういしい精子を持つことができます。では、年齢が無く、暮しういういしいのか?といえば、そうではありません。精子も、人間の年齢とともに年齢をしていて、奇形%が手広くなったり、濃度が低かったりと、さまざまな状態が行き渡るようになります。精子を提供する精子バンクのドナーにも、年齢制約が与えられているようですよ。ですから、パパも奥様同然、妊活するなら手っ取り早い方が良いということですね。

 

現代では、たくさんの項目があふれていて、高齢お産%が増えたと聞けば、自分も大丈夫だと過信してしまい傾向ですが、千差万別、体位は違うので、卵子の体調を分かるならAMH医療を行って残りの卵子総量をわかるとか、自分の身体のことを一心に分かることが大切だと思います。

関連ページ

排卵検査薬のやり方
おめでたを希望しているご夫婦の中には、例法を用いている所々も多いと思います。こういう例法の効・・・
排卵太陽における妊娠百分比
落とし穴太陽という陳述を聞いたことはあるでしょうか?これは、懐妊を望まない夫妻にとって妊娠して仕舞う危・・・
あなたの卵子、老化していませんか?
「【9】あなたの卵子、老化していませんか?」 妊娠するためには、受胎に必要な各々のきっかけに適切・・・
ミトコンドリアが卵子の退化を防ぐ!
「【6】ミトコンドリアが卵子の年齢を防ぐ!」 ミトコンドリアって聞いたことがありますか?これは、ほ・・・
卵子の退化っていつから始まるの?
「【1】卵子の年齢っていつから始まるの?」 あなたは、「卵子の年齢」という言葉づかいを聞いたことがあり・・・
卵子の退化の一つ、クオリティーの劣化について
「【7】卵子の年齢の一つ、レベルのマイナスについて」 卵子の年齢には、卵子数字の減額の以外、卵子の・・・
卵子を若返らせることってできるの?
「【4】卵子を若返らせることってできるの?」 年齢を経るにつれて、卵子も総和が減少し、その素材も老化し・・・
卵子停止入庫のチャージとその受胎料率ってどのくらいなの?
「【5】卵子停止取り込みの総計とその懐妊百分率ってどのくらいなの?」 最近、年々、独り身百分率及び婚礼階層の高齢・・・